一円もかけずに歯の黄ばみやこびりついた茶色いヤニを取り除く裏技

どうも!ヤニキレイです!

今回は、私の最終奥義である、一円もかけずに歯の黄ばみや茶色いヤニを取り除く裏技を紹介します。

乾いたティッシュに歯磨き粉を付けてこする!

タバコのヤニがこびりついた汚い歯

歯の黄ばみやヤニを取り除く裏技はとても簡単で、乾いたティッシュに歯磨き粉をつけて思いっきりこするだけです。

歯磨き粉には研磨剤が含まれているので、実は歯に付いた黄ばみやヤニを取る効果があります。もしそういった効果がなければ、歯磨きしても歯の黄ばみは予防できません。しかし、毎日ちゃんと歯を磨いている人の歯は喫煙者でも綺麗ですね。

もちろん、時間がたってしまうとヤニが固まってしまい、歯にこびりついてしまいます。この状態になってしまうと、歯を磨いただけでは黄ばみは取れませんし、茶色くこびりついたシミももちろん取れません。

しかし、完全に黄ばんでしまった状態でも、ティッシュでこする方法を応用することによって、ある程度は綺麗にすることが可能です。

一分ぐらい歯磨き粉を歯に塗っておく

それが、一分ぐらい前もって歯に歯磨き粉を塗っておくことです。これで歯にこびりついたヤニの奥まで歯磨き粉の成分を浸透させることができる(?)ため、頑固な黄ばみや茶色いしみ汚れを落とすことが可能になります。

私は実家に帰ると母親に歯が汚いといわれるのがウザいので、帰省する前は必ずこの処置を行います。

やり方は簡単で、歯に歯磨き粉を塗って一分放置するだけですが、口を閉じたり唾を飲んだりすると歯磨き粉が落ちてしまうので結構しんどいです。

ちなみに、歯磨き粉の種類はなんでもよいですが、ホワイトニング効果がある奴だと体感度的に効果がアップする感じがします笑

私が使っているヤニ取り歯磨きはこちら

この方法のデメリット

ティッシュでこする方法は意外と効果が高く、黄ばみや茶色いしみが結構綺麗になります。

しかし、歯が平らにならんでいないとティッシュでこすれないのが欠点です。上の前歯は大きくて平らなので簡単にこすり落とせますが、下の前歯や犬歯の周りなど、凸凹している部分はうまく拭き取れません。

そして、最大の欠点は、明らかに歯が汚れやすくなるということです。おそらく研磨剤で歯の表面が傷ついたり、ダメージを受けたりすることで、以前より明らかに黄ばみやすくなります。

まとめ

実は歯の黄ばみは歯磨き粉をつけてティッシュで拭けば簡単に落とせます。しかし、歯並びが悪い部分には使えないので実質前歯しか使えませんし、歯が傷つくので明らかに汚れがつきやすくなります。

諸刃の剣ですが、大事なデートの前など緊急時などにお使いください!

  1. この記事へのコメントはありません。