プルームテックなら歯にヤニはつかない?

プルームテックのパッケージ

どうも!ヤニキレイです!
私は大のタバコ好きです。浮気性なのでたいていのタバコは試しましたし、加熱式タバコも当然コンプリートしています。

では、今回はプルームテックなら歯にヤニはつかないのかという事実について書きます。

たしかにプルームテックはヤニは付きにくいが・・・

結論から言うと、プルームテックはアイコス、グローよりも歯にヤニがつきにくいです。
なぜなら、プルームテックにはアイコスなどと比較してタール(ヤニ)の量が非常に少ないからです。

プルームテックの構造は電子タバコ(vape)とほぼ同じです。
一つだけ違うのは、タバコカプセルというカプセルにタバコエキスが入っており、そこにvapeから出てきた蒸気を通して吸引します。

一方、アイコスやグローはタバコの葉を直接加熱して吸っています。
紙巻きたばこは葉に火をつけて直接燃やして煙を発生させますが、
加熱式タバコは蒸気を吸引します。

もちろん煙は出ないため、人体への害は少ないですが、タバコの葉から出た物質を直接吸っていることに変わりはないわけです。

つまり、アイコスやグローは直接タバコの葉を吸っているのに対して、プルームテックはエキスを吸っているだけです。
もちろん、プルームテックにもタールは含まれていますが、アイコスなどと比べるとほんのわずかな量です。

ですから、プルームテックを吸っていれば、あなたの歯はそこまで汚くなることはないはずです。
(アイコスやグローの場合は普通に汚くなります。)

プルームテックはあまりおすすめできない

私はプルームを持っていますが、現在は全く使っていません。
なぜなら、プルームはタールがほとんど含まれていませんが、ニコチンもほとんど入っていないからです。
私の喫煙ペースは紙巻きなら2日~3日で一箱、グローなら2日で一箱です。

しかし、プルームは物足りなさ過ぎて一日一箱はザラです。
ぶっちゃけニコチン入りの電子タバコ(VAPE)とほとんど変わらないです。
しかも、電子タバコの個人輸入はコストが非常に安い(一か月2000円ぐらい)なので、
はっきり言ってプルームを使っているのはお金の無駄だと思います。

海外なら非常に安く買えるのに、日本ではぼったくりの値段でJTに搾取され続けるのがプルームテックなのです。
あと、もちろんプルームテックにも微量ながらタールが入っているので、歯が全く汚れないという訳ではありません。
あなたもご存知の通り、タールの黄ばみ力は非常に強いので、プルームでも歯磨きをサボっていれば普通にヤニであなたの歯は汚れてしまうでしょう。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。