ホワイトニングのデメリットについて解説

どうも!歯が綺麗になりたくて震えるヤニキレイです!
今回は、なぜ私がプロが行うホワイトニングに行きたくないのかデメリットを書いていきます。

ホワイトニングのデメリット1:お金が高い

まず、少し調べればわかることですがプロが行うホワイトニングはお金がとても高いです。
ホワイトニングは一回やっただけでは完全にきれいにはなりません。

何度も歯の表面に薬(漂白剤)を塗り、機械で歯にこびりついた歯垢をはがしていきます。

お試し価格なら一回8000円ぐらいですが、完全にきれいにしようとすると7万円~10万円ぐらいかかります。
もちろん我々喫煙者の歯はヤニでベットリ汚れているので、普通の人よりもさらに割高になる可能性が高いです。

ホワイトニングのデメリット2:時間がない

先述の通り、ホワイトニングは一回では終わりません。何回も通う必要があります。
暇な学生ならいいですが、仕事の合間に通うとなると結構めんどくさいです。前払いでお金を支払ったのに、めんどくさくなって結局通わず終いだったという人も多いそうです。

ホワイトニングのデメリット3:定期的なメンテナンスが必要

ホワイトニングは、一回行ったらそれで終わりではありません。私たちが生きている間、歯はどんどん汚くなり続けますし、年齢とともに歯は黄ばんでいきます。
つまり、せっかくホワイトニングで歯を白くしても、歯が汚れてきたら再度ホワイトニングしなおす必要があります。

さらに、ホワイトニングすると歯が汚れやすくなってしまうため、頻繁なメンテナンスが必要です。

ホワイトニングのデメリット4:副作用がある

私がホワイトニングしたくない最大の理由が、ホワイトニングには副作用があるということです。
ホワイトニングは、強力な薬剤(漂白剤)を使います。さらに、歯にこびりついたヤニや歯石を削る際、歯の表面(エナメル質)が傷ついてダメージを受けます。
すると、歯が染みやすくなったり、歯痛などの副作用が起きる人が多いです。

私の場合、過度のブラッシングで非常に歯が染みやすくなっており、間違いなくホワイトニングには耐えられないでしょう。

まとめ

ホワイトニングすれば間違いなく歯についたヤニは落とせますが、このようなデメリットがあるため私は行っていません。
というか、単にお金がないだけなんですけどねw

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。